本文へ


東京、岡山での展覧会

トップページ > NEWS > 東京、岡山での展覧会

10月に東京の日本橋、岡山の勝山で展覧会に出品します。
東京ではトークイベント、勝山では山地真美さんのピアノライブ、游興亭福し満さんの落語「乳房榎」など関連イベントも盛りだくさんです!

東京
〇10/19(土)「凹凸に降る」出品作家によるトーク
       17:00~18:00 
       18:00~レセプション 
       小野耕石、滝澤徹也、中谷ミチコ、谷川渥(美学者)​​​
       ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
岡山、勝山
〇10・27(日)小野耕石×山地真美 クロージングイベント(トーク&ライブ)
        ​14:00~15:00
        勝山文化往来館ひしお

〇​​​10/12(土)「浪江」と「波絵」古典芸能・落語と現代アート
       落語 乳房榎 講談者:游興亭福し満
       游興亭福し満さん・小野耕石・皆さんとの落語談義
       落語会14:00~ 約2時間 その後、落語談義​​​ 17:00終了予定
       庄屋 真庭市勝山187​
       ​​​​

「凹凸に降る 小野耕石、滝澤徹也、中谷ミチコ、浜口陽三」
ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
10月5日 sat ~12月22日 sun​
休館日 月曜日(ただし10/14、11/4は開館)10/15(火)、11/5(火)
入場料 大人600円 大学・高校生400円 中学生以下無料​
開館時間 11:00~17:00(土日祝は10:00~)​​
《ナイトミュージアム》​会期中の第1・3金曜日(10/18、11/1、11/15、12/6、12/20)は20:00まで開館
東京都中央区日本橋蛎殻町1‐35‐7

https://www.yamasa.com/musee/exhibitions/20191005-1222/

この展覧会では
​「この本が 知的要素のみで成り立った今 それは美と芸の学術として成立し ただ純粋に絵を描く事を失ったものである。」
​からの新作
​「絵を描く事を失ってなお 表現が固定観念からの通過を語るかぎり 版と支持体からの自立を経ても 重力からの恩恵と制限から解放されることはない」​​
を出品します。7206版を刷り重ねたインクの塊の作品です。




​​​​​

「小野耕石展‐放たれた舟‐」
勝山文化往来館ひしお​
10月12日(土)~27日(日)
水曜休館​
入場無料​
10:00~16:30​​

http://hishioarts.com/exhibition-events/upcomingexhibitions/koseki_ono/​

岡山での水害で死んでしまった鹿の頭骨を使った新作「Inducer.10」と「波絵」のコラボ作品。
​「Inducer」​​シリーズを3点出品予定です!



​​​​​​

​勝山文化往来館ひしおでの展覧会に合わせまして、游興亭福し満さんの落語「乳房榎」が開催されます!
僕の作品「波絵」というタイトルは実は・・。
​怪談「乳房榎」に出てくる浪人「磯貝浪江」​に由来している!?
中々お目にかかることのできない珍しい演目「怪談 乳房榎」ご期待ください!!
​​
​​
​​​
​​​​

2019-09-20(金) 12:55:02

ラベル:

カタログの新着

  • サンプル画像

    カタログの記事8
  • サンプル画像

    カタログの記事7
  • サンプル画像

    カタログの記事6
  • サンプル画像

    カタログの記事5

powered by SOY CMS2 with LeTheme